自己資金0で資産運用できるって本当!?

不動産

 

投資にはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「大きな資金が最初に必要だから自己資金が少ないと厳しい」

「利益よりもリスクの方が大きい」

初めての方は上記のように考えているかもしれません。

しかし、投資の中には自己資金が少なくても安心して始めることができるものがあります。そのうちの1つが不動産投資です。

株式やFX等、金融商品を取り扱う投資を行う場合は金融機関から貸付を受けることはできません。ただ不動産の場合は金融機関からの資金調達が可能です。基本的な条件としては、ある程度きちんとした定期的な収入があり、物件も優良であれば物件の購入が可能となります。

 

今回は、自己資金が少なくてもできる資産運用の不動産投資について押さえておきたいポイントを中心に解説していきます。

 

不動産投資で成功するために押さえておきたい4つのポイント

 

 

投資には変わりがないため、少なからずリスクはあります。

ここからは、不動産投資で成功するためにはどのような点に焦点を当てるべきかを紹介します。

 

若い時からスタート

 

 

不動産投資で多くの方がイメージされるのは、定年退職した後に始めるものというイメージです。事実、老後の安定収入という意味で投資を始める方は多くいます。その理由としては、退職金やそれまでに貯めた資金を充当できることから、若い時に始めるよりも不動産収益を多く受け取れるのです。

しかし、本当にオススメなのは30歳までに始めることです。なぜなら、若い時から不動産投資を始めることは、定年退職後に始めるよりもリスクが小さくなるからです。

と言いますのも、ある程度年齢を重ねてからですと、定年退職時に残債が多く残るため若い時より頭金を多く入れたり、繰り上げ返済を多くしたり、残債を一括返済したりしないと定年退職後にローンの残債がありプラスで収入が得られなくなってしまいます。

ただ若い時なら時間もあるため、自己負担少なく、退職時にはローンも完済した状態にできて老後の安定を図れます。

 

長期的な目線を

 

 

不動産投資で大切なことは、長期的な目線を持つことです。購入後、なるべく早くローンを返したいという気持ちは誰もが理解できるところです。しかし返済期間は長ければ長いほど返済リスクは低くなります。

もちろん月々のキャッシュフローはプラスの方がよいですが、手持ち資金を減らさずに無理なくローンを組むのも1つの方法です。その時にオススメなのが「頭金0円の35年ローン」です。

例えば、30歳までに投資を始めるた場合、完済は60~65歳くらいになります。つまり、通常の定年退職時にはローン支払いが終わり、家賃の全てを老後の安定した収入として受け取ることができるのです。

この状態こそが将来の資産形成と言えるのではないのでしょうか。

 

ローン審査の壁

 

 

特に若い時だと日常生活であまり触れないため、ちょっとした落とし穴になるのが「ローン審査」です。そもそもこのローン審査に通過しないと話になりません。

不動産投資用のローンは住宅ローンとは異なり、契約者本人の信用力と投資する不動産の収益力によって通過・不通過が決まります。

物件の収益力については、不動産屋側の問題になるため不動産投資会社を選ぶ際に見極める必要があります。本人の信用という点では、基本的には契約者本人の職業、勤続年数、年収など一般的なローン審査の項目で判断されます。

しかし、定職についていない方や未成年の方、または定職についていて成年の方でも過去にローン支払いの滞りがあったり、消費者金融でのローン実績が直近であったりする方は通らないことが多いです。

ここでよくある落とし穴が、携帯電話の支払い滞りのケースです。最近は携帯電話も割賦販売という形でローン契約を結んでいます。そこでの支払いの滞りは履歴として残り、ローン審査の際に影響が出てきます。

 

不動産投資の情報収集

 

 

株式やFX投資では、国内外の政治、経済、為替、企業業績などについて知識を得る必要があるため多くの時間が継続的にかかります。それに比べて不動産投資は、不動産に関する深い知識がなくても始められ勉強の手間がかからないという大きなメリットがあります。

とはいっても、ある程度基本的な知識があった方が成功の可能性は高くなると思います。

例えば、インターネットで実績や評判、最新情報等を調べてみるのが一番早い方法です。しかしネットの記事には誤った情報も多数あるので、よく確認してみていくことをオススメします。

また、インターネット等の一方通行な情報で不足している知識を深めたり、疑問点の解消をしたりするために、セミナーもいくつか参加してみるとよいでしょう。

セミナーでは、不動産投資の専門家へ直接個別相談や質問ができます。加えて、実戦的な投資方法を最新のデータや、未公開情報をもとに得られる場合も多いです。

 

ここがスゴイ!クレドが選ばれる理由

 



 

成功するために抑えるべきポイントの1つでもある情報収集ですが、セミナーには直接個別で話せるという魅力がありますよね。

そこで今回は、「株式会社クレド」とクレドが選ばれる理由を紹介します。

 

物件の仕入れ基準が業界トップクラス

 

 

前述したようにローン審査の基準の1つには、物件の収益力があります。高水準で維持するためには場所が何よりも大切です。加えて、その地域でどのくらいの競争力がある物件かを考える必要があります。

クレドでは、東京都内の物件を中心に紹介していて、23区の中でも独自の市場調査によりエリアをかなり絞って紹介しております。そのため、駅力・ブランド力・集客力の高い物件のみを選定しているのです。

 

1人1人に合わせたコンサルティング

 

 

不動産投資は、購入して終了ではありません。ただ所有しているだけでは、本来の実力を出し切ることができないため、それぞれが思い描いている将来像に基づき、目標やスキーム、方向性をしっかりとアドバイスします。
もちろん収入や性格・考え方も1人1人違うため、プランナーが投資計画を作成し提案するスタイルをとっています。

そのほか、確定申告の手続き・生命保険の見直しや、節税対策、売却にいたるまで、ライフステージに合わせて資産運用全般をサポートしているのが特長の1つです。

 

無料出張相談のお申込み

 

クレドでは、無料で個別相談を行っています。

 

【相談の申込方法】

↓下記のリンク↓をクリック



「個別相談」にある【予約する】をクリック

必要事項を記入し、「プライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて、
「確認画面へ」をクリック

内容を確認し、「送信する」をクリック

まとめ

 

いかがでしたか。

投資初心者だと不安なことが多いと思います。調べてもなかなか解決しないというケースも少なくありません。

しかし、専門家へ相談し不安が解消されれば、スッキリした状態で運用できるはずです。資産形成は、今や将来のために必要不可欠ですし、早く始めるに越したことはありません。しっかり調べて取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コメント